フィリップ島

オーストラリア
12 /03 2011
メルボルンからバスで2時間半、フィリップ島へ行きました。

この島では「ペンギンパレード」、日没直後にリトル・ペンギンという体長30cmぐらいの小さいペンギンが海から上陸し巣に帰るところ見れることで有名です。

当然、これらのエリアは保護されています。
写真の右端にある電灯の柱あたりに見学場所があります。
2ペンギン
日没後、薄暗くなった頃に海岸の波打ち際に数羽のペンギンが現れたと思ったら20羽程度のグループとなり波打ち際で周りを警戒しながら立ってます。鳥が上空を飛んだと思ったら海に引き返していきました。かなり警戒心が強いそうです。(オーディオガイド)  センターの建物を見学エリアの方へ出ると、この先は一切写真撮影は禁止です。フラッシュ禁止ではなく撮影禁止、たぶん、最近のカメラは、ピント合わせに赤外線?を出しているのがあるからだと思います。 
ということで次の写真は、センター内のディスプレイです。
1ペンギン

数分すると再び上陸してきました。今度は、よたよたと海岸を歩いてきました。
20m程歩くと一旦休み?警戒?再び歩き始めます。
最初のグループが海岸を離れると、次のグループが上陸、それを繰り返します。

そして、巣に近いところの見学場所では、本当に目の前を歩くペンギンを見ることができました。
小さく可愛いペンギンがよたよたと巣に向かう姿は感動ものです。
親ペンギンが帰ってくるのを待っていたかのように海に出れない赤ちゃんペンギンも見ることができました。
オーストラリアに行ったら、ここはお勧めです。でも、寒いので服装には要注意です。

2日目は、自転車を借りてサイクリング
島の東部分にある「Cape Woolamai」というところに行きました。
ここではイルカが泳いでいるところや多くの海鳥が見れるそうです。
心がけが悪いのか・・・見れませんでしたが・・・景色は最高です。
3Woolamai 4Woolamai

この場所の遊歩道に途中、林のような場所があるのですが、そこで、こんなものに会いました。
ワラビーだと思います。野生のワラビーにアウトは思っていなかったので感激です。
5Woolamai

このあと、コアラの保護地区を見学する場所があったので行ってきました。
動物園のとは違いうので、人が限られた通路を通って見学するようになってます。
6コアラ

そして・・・いつも寝ている、じっとしているコアラです。
7コアラ 8コアラ

フィリップ島・・・メルボルンからでもツアーが出ていますが、この視まで宿泊しノンビリと見学するのがいいと思います。

今日の食事・・・
この島でベスト・ハンバーガーとか書いてあったので・・・
ビーフが美味しい、そして大好きなアボガドとのマッチングが良い!!
9ハンバーガー


メルボルン

オーストラリア
11 /30 2011
オーストラリアは物価が高い!!!
旅行の終わりにこの地を選んだのは失敗だった・・・・(T_T)
ということで少しでも経費節減・・・メルボルンへは、夜行バスで移動です。宿泊費がうきます(^_^)v
バスは、片側2列、計4列の椅子が並べられている普通のバスですが、前後の間隔が狭い!! しかも満席です。
座るとひざが前のシートに当たり十分に足が伸ばせない。
隣の若者を見ると通路へ足を出しています。これで12時間・・・きつい!!!!!
南米のバスは、余裕たっぷりだったのでがっかり、でもしょうがない・・・経費節減のため・・・でも次の移動では使いたくありません。

メルボルンでは、オーストラリアの自然を体験するツアーに参加しました。
保護されている動物の見学のようなものですが・・・
オーストラリアといえばコアラ、カンガルーですよね。
ここのカンガルーは人に馴れているのか、触っても一生懸命草を食べていました。
毛は柔らかく気持ちよかったです。
1コアラ カンガルー カンガルー2

池ではこんな光景が・・・
オス鳥が、草をくちばしで運んでます。 巣で待っていたメス鳥へ渡して巣作りしてました。
メス鳥は卵を抱えていたので寒さ防止のための補修だと思います。
水鳥1 水鳥2 水鳥3

パフィンビリ蒸気機関車
蒸気機関車は、やはり楽しいですね。
上記の音、煙の匂い、そして、ゆっくりと走る景色・・・
口コミでは景色がいいという情報でしたが、ツアーで参加したためか、乗車区間が短かったので思ったより景色はよくなかったです。次回は、全区間乗れるように計画したいと思います。
蒸気機関車1 蒸気機関車2

シドニー

オーストラリア
11 /28 2011
11月27日  ニュージーランドを離れオーストラリア・シドニーへ

シドニーと言えば・・・・オペラハウス
ということで行ってきました。

これがオペラハウスです。
1オペラハウス 2オペラハウス
世界三大がっかりにも名前があがるそうですが・・・美しい曲線の屋根がきれいな建物だと思いました。
夜景もきれいです。
内部見学ツアーに参加しました。
この建物は、屋根の部分はそれだけで建てられており、ホールとなる部分は内側に別の建物として建てられているそうです。
したがって、屋根の部分には柱がなく、かつ曲線でできた屋根のため1950年代の設計としては苦労したそうで、着工してからも試行錯誤したそうで完成が大幅に遅れたそうです。
屋根部分の内側です。コンクリートがむき出しの状態ですが、表面は滑らかで「大理石」のように作ったそうです。また、白く見える屋根は、白とやや黄色みががった2種類のタイルが張られていました。
5オペラハウス内部 4オペラハウスタイル
外壁の下部分はガラス張りとなっており外を見ることができました。
6オペラハウス内部
今回はコンサートホールを見学させてくれましたが、ホール内の写真撮影はさせてもらえませんでした。
ホールはこのほかに5つ、計6つのホールがあるそうです。

そして、オペラハウスの近くにハーバーブリッジという大きな橋がかかっています。
1920年代に建設された橋で古いのですが、近くで見るとその大きさと鉄骨の組み方のきれいさにびっくりしました。
現代の橋には見られないものだと思いました。
7ブリッジ 9ブリッジ
そしてこの橋の鉄骨部分を登るツアーがあるそうで、このように登っていました。
時間がなかったので、今回はパス、帰国前にシドニーへ寄ったときに参加しようと思ってます。
8ブリッジ

番外編
オペラハウス近くのレストランで残り物をあさっているウミネコを発見
魚を取るより楽なようです(笑)
20ウミネコ

オークランド市内観光

ニュージーランド
11 /27 2011
南島をクライストチャーチ ⇒ ダニーデン ⇒ インバーカーゲル ⇒ スチュアートアイランド ⇒ テアナウ ⇒ クウィーンズタウンをぐるっと一廻りしたところでオークランドに戻りました。
北島を見ていないので2週間の滞在を1週間ほど延ばそうかと思ったのですが、次回の海外旅行のために見ていないところがあってもいいかと・・・
残り2日オークランドにあるB&Bでノンビリすることに・・・
ここは日本人方が経営しているB&Bです。ノンビリするのはやはり日本人の方が経営しているところかなぁ~
しかも、シャワーだけでなく湯船があったのです。
湯船につかるのは何ヶ月ぶりかなぁ(^o^)丿

クィーンズタウン空港は山に囲まれている空港で、離陸後はこんな感じで上昇していきます。
1QT離陸

ニュージーランドの空からの景色・・・湖や入り江の周りは切り立った山となっています。
2離陸後の景色

B&Bに行く途中・・・ご主人から夕食を食べに行かれるなら子供を日本語補修学校に連れて行くので近くの町まで送ってくれるとのこと、到着後直ぐに子供たちと一緒にお出かけです。
学校の近くの町で降ろしてもらい町をぶらり散策、特にこれと言ってないところです・・・時計屋さんのショーウィンドーに「オールブラックス」の腕時計があったので衝動買いしてしまいました。(きっと日本にもあるんだろうなぁと思いつつ・・・)

その後、B&Bのご主人と待ち合わせのカフェに行き学校へ・・・
このカフェには、同じように学校にお子さんを通わせている方が一緒にいました。
学校では多くの日本人の子供達が勉強していました。放課後?はみんなで一緒に遊んでおり楽しそうでした。
やはり、日本人同士は楽しいのでしょう!!
地元の高校の一角を文部省が借り上げて先生も派遣しているようでした。
日本での学校行事を経験させたいとのことで運動会をしたそうです。

2日目は、オークランド観光へ・・・朝、ご主人に近くの駅まで送ってもらい市内へ
最初にオークランド ミュージアムへ
ここではマオリ族、ニュージーランドの自然のこと、ニュージーランドがかかわった戦争のことなど色々と展示されていました。
ゼロ戦も展示されていました。
このゼロ戦は、終戦間際、特攻の命令が出ていたそうですが、18歳の若いパイロット一人しかおらず、整備員の方々が飛行機が故障しているという嘘?をつき出撃させないように整備を遅らせていたそうです。
結果、出撃することなく終戦を迎えたそうです。
3博物館 4博物館 5博物館 6市街

こんな感じでニュージーランドの観光は終わりですが・・・
最終日の夕食は、B&Bの家族の方々、もう一人の宿泊者、そしてB&Bの友達の日本人の家族の方々と食事です。
韓国の焼肉店でしたが、カルビ肉は美味しかったです。また寿司もあり思いっきり食べることができました。
そして食事の途中、子供達がラグビーをするということなので・・・・
昔を思い出し一緒にラグビーをしてしまい、久しぶりに良い汗をかくことができました(^_^)v
ちなみに写真を撮るのも忘れるぐらいラグビーを一生懸命してしまいました。

最後のニュージーランド・・・良い思い出となりました。






テ・アナウ(Te Anau)

ニュージーランド
11 /25 2011
テアナウは、インバーカーギルからシャトルバスで約3時間
最初は、クィーンズタウンまで行こうかとも思ったのですが、ミルフォード・サウンドへ行くツアーがテアナウ発の方が近いため安い価格だったので目的地を変更しテアナウへ行くことに・・・・

テアナウという町は小さな町で、周辺のトレッキング・コースを歩くための中継地点?のような町です。
トレッキングについては、2日目にするとして、まずはミルフォードへのツアーに参加しました。

テアナウからミルフォードへ行く間にも見所がたくさんありツアーバスも止まりながらミルフォードへ向かいます。
ミラー湖という湖です。風もなくきれいに山が写されてました。
1ミラー湖 2ミラー湖
やはり雪解け水だからでしょうか? 本当にきれいな水でした。
ガイドによるとグリーン、ブルーの水があるそうです。
たぶん石の色に影響されて色が変わって見えると思いますが・・・詳細な説明は聞き取れませんでした^_^;
3川 4川
途中の景色です。
6滝 7途中の景色 
ミルフォードサウンドに到着、ボートに乗り換えて見学です。
フィヨルドの景色、ニュージーランド観光でこれだけは見ておこうと思ったツアーです。
約2時間のボートツアーでしたが楽しむことができました。
8ボート 9ミルフォード 10ミルフォード 11ミルフォード 12ミルフォード
ここでもアザラシを見ることができました。 ペンギンは・・・・(T_T)
13ミルフォード 14ミルフォード

Higejiisan

自衛隊を定年退職、第2の人生を始める前に一休み!!
約8ヶ月かけて地球一周の旅にでます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。