Yamasanの写真日記

地球一周旅行も終え、趣味の写真を載せま~す。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バルセロナと言えば・・・・ 

1882年から建設中の『サグラダ・ファミリア』
今まで、ヨーロッパ各国でいくつかの教会を見てきましたが、まったく違う教会です。
見てください。
P7313062.jpg P7313058.jpg P7313089.jpg

P7313092.jpg P7313149.jpg P7313166.jpg

細かい部分は、こんな感じ
P7313063.jpg
P7313066.jpg P7313020.jpg P7313044.jpg

P7313045.jpg P7313056.jpg

建設中です。色の違い等で新しく作られたのがわかると思います。
P7313080.jpg P7313078.jpg P7313071.jpg

そして、サグラダ・ファミリアの建設にも携わった『ガウディ』の作品、カサ・ミサ『ラ・ペドレラ』にも行ってきました。曲線を生かした美しさです。サグラダ・ファミリアでも見ることができました。
P7312932.jpg P7312936.jpg P7312944.jpg


スポンサーサイト
( 2011/07/31 23:51 ) Category スペイン | TB(0) | CM(3)

バルセロナに到着 

いよいよ『スペイン』です。
ヨーロッパ旅行での訪問国としては最後の国となりました。
(この後は、フランス・パリに行き、ロンドンに戻ってアメリカ合衆国に渡る予定)

高速列車で計画していたのですが、ユーレイル枠での予約席がなく普通車で移動することになりました。
夏休み期間は、ユーレイルで旅行する人が多くユーレイル枠が早くなくなるようです。
昼過ぎにはバルセロナに到着する予定だったのが、午後4時となってしまいました。

でも、のんびりと景色を見ながらの旅することができました。
南仏の海岸はすごくきれいです。
フランス人旅行者と思われる人達も小さな駅で降りていきます。
きれいな海、きれいな空を見ながらワインを飲んでのんびりするんでしょうねぇ

次回来ることがあったら、こんな街で1~2週間のんびりしたいと思います。

P7302923.jpg  P7302927.jpg
( 2011/07/30 20:01 ) Category スペイン | TB(0) | CM(0)

アルル(フランス) 

ピサからバルセロナへ行きたかったのですが、鉄道便の都合でアルルという街で一泊
過去には闘牛もやっていたようで円形闘技場遺跡がありました。
ゴッホもこの地で絵を描いたようです・・・

P7292888.jpg P7292890.jpg P7292897.jpg

P7292903.jpg P7292906.jpg P7292909.jpg

P7292915.jpg P7292916.jpg
( 2011/07/29 23:00 ) Category フランス | TB(0) | CM(0)

ニース 

これが『ニースの海岸』で~す
2P7282820.jpg 5P7282828.jpg

朝、海岸に行って見ると高級ホテル専用以外のビーチが近くにあったので、ホテルに戻り着替えた後、再びビーチへ、そして泳ぎました(^^♪
ホテル専用は、ビーチベッドなどが並んでいますが、何もありません^_^;
3P7282815.jpg

砂浜ではなく玉砂利でしたが、1時間ほど日光浴をした後、ホテルに帰りシャワーを浴び町の散策へ
町の公園です。夜はライトアップされてきれいでした
6P7282859.jpg 7P7282875.jpg

8P7282861.jpg 9P7282868.jpg

10P7282884.jpg 11P7282872.jpg

ニースの駅
12P7282860.jpg

今日の昼食、野菜等のてんぷらみたいな物ですが、たくさんの人が並んでいたので・・・
油のしつこさもまったくありません。美味しかったです。
メニューとメニューの写真を撮っていたらニコニコしてくれたおばあさん

18P7282835.jpg 19P7282836.jpg 20P7282837.jpg

電気自動車と充電施設
P7282832.jpg

ヨーロッパでは、所々で見かけます。
我が国の首相は、震災の電力不足のためでしょうか、一般家庭?万世帯にソーラーパネルを付けるとか言ったようですが、個人用ではなく公共施設に対する検討をしたほうが良いと思うのですが・・・
( 2011/07/28 23:55 ) Category フランス | TB(0) | CM(0)

ピサの斜塔 

一部遅れている列車があるようですが、私の乗る列車は予定どおりで運行、約1時間でピサ駅に到着
P7262703.jpg
ピサでは一泊のみなので、到着後、そのまま明日の列車の予約へ・・・

今日のホテルは、駅から歩いて30分ほどのところにありますが、ピサの斜塔は目の前にあります。
チェックインした後、直ぐに荷物を置いてピサの斜塔へ・・・
なぜなら斜塔への登るチケットは、購入時に時間を指定されるので早く行かないと遅くなります。2時過ぎですが6時40分のチケットが2枚が残っており購入、この後は8時台の時間のみ、夕食前の時間帯に登ることができて良かったです。

これがピサの斜塔です。本当に斜めに建っています。
斜塔の上から見たピサの町です。茶色い屋根がきれいで好きです。
P7262708.jpg P7262785.jpg P7262800.jpg P7262794.jpg

そして、ドーム、大聖堂とその内部
P7262707.jpg P7262754.jpg P7262743.jpg

P7262750.jpg P72627031.jpg

地中海の沿岸を走るルートです。かなりキレイなルートだそうです。
そして、ニースは、知ってのとおり国際的に有名なリゾート地です。
ホテルを検索していると、1泊の料金が、ドミトリーで36ユーロ、最高は420ユーロでした。
高級ホテルに泊まってみたい気はしますが・・・・今回は見送りし、高級ホテルの裏にあるホテルです(笑)でも70ユーロです。
2泊予定しているので、高級リゾートの雰囲気だけでも味わってみようと思っています。

おまけ
P7262775.jpg
( 2011/07/26 22:15 ) Category イタリア | TB(0) | CM(0)

フィレンチェです。 

ローマからスペインに飛行機で移動しようと思いましたが・・・・
ダイビングで知り合った女子大生(今は社会人のはず・・・)が、卒業旅行でフィレンチェに行き、その時の写真gが綺麗だったことを思い出しフィレンチェに行くことに・・・・

フィレンチェまで1時間半ですすが、観光地なので予約席を確保したいと思い40分ほど並んだ後、購入希望を告げたところ・・・・
「コンピュータのシステムダウンなので車両内で購入してね!!」・・・・?????? ならば、ちゃんと掲示しといてね。
ひょっとしたらあったのかも知れませんが、前に並んでいた人達もカウンターでチケット等購入せずに帰っていくので表示はされていないのではないのかなと思います。

プラットホームに行くと・・・・何やら異様な雰囲気・・・・
そうです、コンピューターのシステムダウンと関係があるのはわかりませんが、列車が遅れている表示が・・・・
元の時刻表を頼りに鉄道社員らしい人に聞きながら・・・列車に乗車(鉄道社員らしい人も混乱しており正確な解答はなし・・・複数の人に聞いて自分で判断しました。)
遅れたスケジュールが、10:05発車となっていたものの11時頃に発車です。
ヨーロッパ旅行を鉄道でと思っている人遅れることを前提にスケジュールを組むことをお勧めします。

動き出した後は順調、1等車なので飲み物とスナックが無料でした。(白ワインを頼みました(^^♪)

フィレンチェに到着
午後1時前ですが、ホテルにチェックイン、そして観光に出発です。
町並みはブルージュと並んですばらしいです。

表現力ないので説明なしで写真で確認してください・・・・でも、写真でも伝わらないかもです。
特にミケランジェロ公園からのフィレンチェの町に眺めは最高です。
そして、「Duomo」は、すばらしくキレイです。

P7252542.jpg P7252547.jpg P7252551.jpg

P7252552.jpg P7252554.jpg P7252558.jpg

P7252565.jpg P7252566.jpg P7252569.jpg

P7252571.jpg P7252578.jpg P7252595.jpg

P7252602.jpg P7252618.jpg P7252632.jpg

P7252636.jpg P7252638.jpg P7252651.jpg

P7252667.jpg P7252673.jpg P7252683.jpg

P7252685.jpg P7252686.jpg P7252688.jpg P7252687.jpg


( 2011/07/26 05:43 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(1)

ローマで定番の観光地巡り 

行ってきました。 定番の観光地・・・
どこも人がいっぱい・・・

トレビの泉  当然、コイン投げました。
P7242409.jpg P7242415.jpg

コロシアム   チケット購入に1時間(ちょい疲れ~)
P7242444.jpg P7242482.jpg

真実の口 入場しなくても外から見れました。手は入れられませんが・・・
P7242514.jpg

スペイン階段  オードリーヘップバーンのようにジェラードは食べませんでした(笑)というか、人がいっぱいです。直ぐ帰りました。
P7242530.jpg


( 2011/07/24 23:00 ) Category イタリア | TB(0) | CM(1)

バチカン 

今日はバチカン・世界最小の国に行ってきました。
とにかく観光客はめちゃくちゃ多いです。サンピエトロ大聖堂に入ろうとして列に並ぼうとしたら広場を一周していたので、一旦あきらめバチカン ミュージアムに行くことに・・・
P7232243.jpg P7232371.jpg

これが入り口です、当日券を購入する人達でここでも長い行列ですが、Hop On&Offのバスツアーで一緒に入場券を購入したので並ばずに入場(^_^)v
P7232315.jpg
ガイドブックがないので日本語オーディオガイドを借りました。7ユーロ
P7232247.jpg P7232252.jpg P7232254.jpg


P7232279.jpg P7232290.jpg P7232294.jpg
P7232297.jpg P7232303.jpg P7232309.jpg

ミケランジェロの「最後の審判』などの壁画を見てきました。システィーナ礼拝堂にあるのですが、写真撮影は禁止されています。でも、中には撮影している人がいましたが、警備員に注意されていました。
約3時間の見学の後、大聖堂へ戻ったところ行列は短くなっていたので入ることに・・・それでも、20分ほど待ちました。
大聖堂のドーム部分へ登りローマ市外を眺め、その後、大聖堂内部へ
P7232322.jpg P7232353.jpg

バチカンの警備はイタリアが、大聖堂の警備は、スイス人衛兵が派遣されているそうです。
 P7232358.jpg

ということで、昼からの行動だったので、今日の観光はバチカンのみでした。


( 2011/07/23 23:01 ) Category イタリア | TB(0) | CM(1)

ミラノからローマへ 

今日は多くのイタリア人に助けられっぱなしの一日でした。

昨日の情報のとおり鉄道はストライキを決行してました。
ここで誤算が・・・ホテルからミラの中央駅まで地下鉄を使わないといけないのですが、地下鉄もストを実施してました。

さすがに歩く距離ではないので、バスか?タクシーか?と迷っていると近くにバス停を発見
でも、どれに乗ればいいのかわからない。

ありがとう その1
ちょうどバス停に来た人がいたので聞いたところ、ラテン系?の人で言葉が通じないが、このバス停ではないらしく近くのバス停まで「こっちだ、こっちだ」という身振り手振りで案内してくれた。ありがとう!!!

ありがとう その2
そのバス停で、中央駅までの行き方を聞くと、その人は知らないらしく周りの人に尋ねて3人ぐらいで考えてました。そして反対車線のバス停でとなっているバスを指し「ちょうど停車しているバスだ」と教えてくれて「早く行け!!」と言ってくれたので赤信号を無視、青車線の車を止めながらバス停へ・・・無事に間に合いました。 ありがとう!!

一応、そのバスの運転手に確認したところこのバスで行くらしいので乗車、そしてチケットを購入したいと言ったところ「後ろ!」みたいな手振り・・・後ろに車掌がいるのかと探したがいないしチケット販売の機械もない??? 降りるときに運転手に払えばいいかとそのまま乗車

ありがとう その3
ところで地下鉄の場合でも乗換えがあったので本当にこれ1本で行くか心配で近くの人に聞くと、聴いた人の隣にいた若くてきれいな女性が「(英語で)これで行くよ!!」と言ってくれました。(ひと安心) ありがとう!!

ありがとう その4
そして、さらに少し離れたところに座っていた女性が若い女性に何やらイタリア語で話しかけてきて、若い女性が「あの人が中央駅まで行くから降りるところを教えてくれるそうだよ。」と通訳してくれました。これまた安心して乗ってられます。 そして駅の近くで「次だよ!」という身振りで教えてくれて一緒に降車しました。ありがとう!!


ところでチケットについて若い女性に聞いたところ、(え?チケット持ってないの?という顔して)「チケットは乗る前に買うんだよ。」と教えてくれました。
「え?(どうしよう、無賃乗車じゃん)」 どうしようもないのでそのまま黙って外見てました。

ありがとう その5
結局、無賃乗車してしまいました。 バスの運転手さん知っていたはず? だって、乗車時に聞いたもんね。
見逃してくれてありがとう!! そして、ごめんなさい!! 

ちなみに若い女性は、だいぶ前に「良い旅行を!!」と言いながら降りていきました。ありがとう!!

今日はこんな感じで感謝しながらの移動でした。

イタリア人 ありがとう!!


( 2011/07/22 23:55 ) Category イタリア | TB(0) | CM(1)

ベルニナ・エクスプレス(Bernina Express) 

スイス・クール(Chor)からイタリア・ティラーノ(Tirano)のルートのベルニナ・エクスプレスに乗りました。
P7212177.jpg P7211779.jpg

日本?で有名な氷河特急は、トンネルができたあと氷河を見ることはできなくなったそうですが・・・
スイス政府観光HPに次のように書かれています。
『ベルニナ・エクスプレスは、アルプスを南北に縦断する感動の絶景ルート。サン・モリッツとイタリア領のティラーノを結ぶベルニナ線(旧ベルニナ鉄道路線)を走ります。サン・モリッツを出発してから最高地点であるオスピツィオ・ベルニナ(標高2253m)を越えてアルプ・グリュムまで、カラマツの美しい森や滝、4000m級のベルニナ山群の名峰、雄大な氷河が織りなす迫力の山岳風景が車窓に次々と展開していきます。続いて列車はゆっくりとカーブを繰り返し、約1000mの標高を下り、イタリア語圏のポスキアーヴォの谷へ。言語が変わるだけでなく、のどかな山郷の情景へ雰囲気も一変します。有名なブルージオのループ橋でさらに高低差を調整して、イタリアとの国境を抜ければ、間もなくティラーノへ到着。夏期にはバス便に乗り換え、ティラーノからコモ湖を通りスイスのルガーノまで足をのばすことも可能です。』

この言葉どおりにすばらしい景色でした。
初めて見た氷河・・・温暖化で後退の速度も速くなっているとか・・・
今日見た氷河は、一生忘れないでしょう!!
P7211847.jpg P7211853.jpg P7211868.jpg

P7211893.jpg P7211899.jpg P7211912.jpg

P7211918.jpg P7211940.jpg P7211946.jpg

P7211958.jpg P7211976.jpg P7211991.jpg

P7212052.jpg P7212074.jpg

ベルニナのルートで有名なのが、このループ橋で高低差を吸収しているところだそうです。
今年は補修工事中でこんな感じです。これも、なかなか見れない姿????
P7212144.jpg P7212147.jpg 

ティラーノへ到着です。
待合室の壁にはこんなものがありました。
箱根登山鉄道とは姉妹関係らしいです。今度、箱根鉄道に行ったときに聞いて見たいものです。
P7212179.jpg

ミラノ行きの列車の連絡時間は5分ほど、隣接された駅に向かい「ミラノ行きは・・・」と聞くと「これだ。早く乗れ!!」みたいなジェスチャー・・・飛び乗りました。
約2時間半の道のりでミラノに到着
P7212188.jpg

駅で感じたこと・・・
男女、年齢を問わず、服装に気を使っている人が多い・・・
さすがファッションの発信の地?のことだけはある。
ちょい悪親父のファッションを学んで行こうと思います。

ところで、明日はローマに移動です。
ヨーロッパの前半の計画が悪く、後半は忙しいです^_^;
到着後、ローマ行きの列車の予約、12時ごろの出発を希望したところ・・・
『明日は、ストだからね~  12時ごろのはキャンセルだねぇ』と言いながら別便を探してくれてます。^^;
『午後6時半ならあるよ』  「OKです。お願いします。」二つ返事で予約しました。
でも・・・・ストなのに動くのか心配ですが、この切符に頼るしかありません。
結果は、次のブログで・・・・

( 2011/07/21 23:18 ) Category スイス | TB(0) | CM(2)

スイスへ 

OBB:オーストリアの列車には、旅客機の案内と同じような位置情報等がTVで表示されてます。
時間通り動かない海外の鉄道でも安心です。
乗り継ぎの案内も表示されてました。
P7201720.jpg P7201721.jpg

今日の昼食
1等車にはアテンダントの女性の方がいて、飲み物等を頼めば食堂車から持ってきてくれます。
P7201725.jpg
革張りのシートです。
P7201729.jpg P7201730.jpg

スイスの絶景を列車に乗って見たくてスイス:クールに移動
スイス鉄道で絶景と言えば・・・氷河鉄道を想像されると思いますが・・・
私もそれを狙ってスイスへ寄ろうと考えていましたが、調べているうちに絶景は、世界遺産に指定された地区を通る『Bernina Express』の方が良いというので距離は短いのですが、これに乗るためにクールに移動しました。
終着駅は、スイスからイタリアへ国境を越えたところにあるティラーノです。
今回は、そのままイタリア:ミラノまで移動する予定です。

クールという町です。
P7201752.jpg P7201767.jpg

スイスの消火栓はこんな形をしています。
なかなかユニークな形で気に入りました。
P7201754.jpg

今日は雨模様の一日でしたが、明日は晴れることを祈ってます。

( 2011/07/20 22:00 ) Category スイス | TB(0) | CM(0)

ケーブルカーで登山 

昨日の雨も上がり青い空が広がっています。
今日はザルツブルグの町からバスで40分程の所にある『Untersberg』という山へ登ることに・・・
といってもケーブルカーですが^_^;
こちらでは、ロープウェイのことをケーブルカーと言っていました。
P7191547.jpg
約10分の旅で1805mまで運んでくれます。
そこから30分ほど歩くと頂上です。(1856m)
P7191701.jpg

頂上からの景色 遠くに見える山々は2000m前後の山です。
P7191568.jpg P7191584.jpg P7191594.jpg P7191591.jpg

この山のパンフレットに『Ice Cave』があると書いてあったので案内板で探すと頂から1時間ほど下ったところにあるとのこと・・・降りれば登らなければならないが・・・そのまま麓まで下ってしまう手もあるし・・・
帰りについては状況を見て決めることにして、とにかくIce Caveへ行くことに
案内板の表示どおり約1時間で入り口の表示を発見
P7191641.jpg

でも入り口を探しても見当たらない。 そのかわり小屋がありそこで何やらお金を払っている人達がいる??
そうです。有料でした。7ユーロ(780円)
ちゃんとヘルメットの貸し出し、そしてこのIce Caveについてガイドが説明してくれました。(ドイツ語?なので理解不可能でした)
P7191643.jpg P7191645.jpg P7191649.jpg P7191651.jpg P7191653.jpg P7191672.jpg P7191678.jpg

さて、これからが問題です。 このまま降りるべきか? 頂上まで上がるべきか?
時間は余裕があるので、再度、登ることに決定 今来た道を帰ります。
道のりは・・・ こんな感じのところを歩きますが、かなりの勾配で行きは良い良い帰りは・・・という感じ
P7191621.jpg P7191636.jpg

整備されているところは、まだいいですが山肌のままのところはかなりきつかった^_^;
写真も取れる状態ではありませんでした。
そういえば、降りているときに家族とすれ違ったのですが、5~6才の女の子がしゃべりながら登っていたのを思い出し年老いた身体に鞭打って登りました^^;
こんなきれいな花が、疲れた気持ちを癒してくれました。(降りるときに撮ったものです・・・)
P7191611.jpg

降りたときの時間+15分ほどで頂上へ到着
ひざはガクガクです・・・休憩と1時間強の道のりですが登頂達成を祝うため頂上のレストランでビールで一人乾杯しました!! 
P7191706.jpg
( 2011/07/19 23:00 ) Category オーストリア | TB(0) | CM(1)

ザルツブルグの町 

今日は予報どうり朝から雨です
ホテルでゆっくりしていると、雨も上がったので町の見物にいきました
ザルツブルグは、小さな町なので町並みを見てまわるだけならそんなに時間はかかりません
高台にある城からは、ザルツブルグの町を一望できます
P7181461.jpg P7181500.jpg P7181509.jpg

P7181522.jpg P7181526.jpg P7181534.jpg

今日はのんびりした一日でした。
( 2011/07/18 22:00 ) Category オーストリア | TB(0) | CM(0)

ザルツブルグ・オーストリア 

7月16日 ハンガリーからオーストリア・ザルツブルグへ移動
オーストリアと言えばウィーンなのかもしれませんが、中世の町並みにやや飽きてきた感があるので、ウィーンを通り越してザルツブルグの街へ
ザルツブルグも当然古い町なので中世の建物はありますが・・・・美しい山々と湖がある
ホテルも交通の便の良いところに予約が取れたのでのんびりしようかと4泊滞在を計画

今日は最高の天気だ!! でも、TVでは明日から崩れ始めるとのこと
とにかくツーリストインフォメーションで情報収集しようと街に出かけることに

ホテルから街への途中の景色 中世の建物だけでなく山々など自然の風景がほしかったんです
P7171275.jpg

街でツーリストインフォメーションを探しながら歩いていると人だかりが・・・
モーツァルトの生家だそうです ミュージアムもあるのですが、見てもわからないのでパス^_^;
P7171290.jpg P7181472.jpg

ツーリストインフォで案内を見ていると「湖と山々へのツアー(日本語)」が14時からあるようだ
聞いてみると他に予約がなく最少催行人数4人に満たないのでやらないとのこと(>_<)
街では日本人がかなりいるけど、団体旅行ばかりなのでこのようなツアー参加者はいないみたいです
でも、明日は天気が悪くなるようだし、今日中に行っておいた方が良いだろうと思い自分で行く方法を聞いてバスで行くことに決定

11時半にバスに乗車、約45分で到着とのこと
目的地は、ザンクト・ギルゲンという街、ここの町はモーツァルトのお母さんの生まれた街でもあるそうです
でも、ここでは観光船と登山鉄道に乗るのが一番良いそうです
こんなボートと景色
やはり山と湖は心が癒されます(^_^)v
岩はだではロッククライミングをやっている人達もみられました
P7171309.jpg P7171326.jpg P7171332.jpg P7171323.jpg P7171324.jpg

そしてアプト式山岳鉄道:シャーフベルク鉄道で頂上へ
P7171365.jpg P7171345.jpg P7171358.jpg P7171353.jpg

頂上の駅です
P7171370.jpg

頂上からの景色 すばらしい!!の一言
標高は1783m
P7171439.jpg P7171376.jpg P7171423.jpg P7171431.jpg

この建物はホテルになっているそうです。
登山熱同で隣に座っていた人は今夜1泊するそうです。 予約は難しかったのではないかと聞いたところ、昨日予約したよ!とのことでした
P7171369.jpg


湖畔には美しい町並みもあるそうですが、到着が遅くなったので帰りの時間を考えると行けない 残念です
次回来れたらゆっくり滞在したいものです

( 2011/07/17 20:00 ) Category オーストリア | TB(0) | CM(1)

Tokaj・・・ハンガリーワイン 

今日は、ハンガリーワインのワイナリーめぐりのためTokajという街へ
デザートワイン:『Tokaji Aszu』と言うそうです
Tokajまでブタペストから列車で約3時間の旅

途中、車窓からひまわり畑があちらこちらに見えてきます。
HPで検索すると、この地方の食用油はひまわりだそうです。
P7151191.jpg

これがTokajの駅です。
P7151224.jpg P7151245.jpg

多くに人が降車したが駅前には何もない・・・TAXIが数台いるのみ
一緒に降りた旅行者らしい人達は、線路を横断したり、表示も何もない道路を歩いていく
どこかに着くだろうとその人の流れに乗って歩いてみると街並みが見えてきました

その町並みとは・・・若者たちが道路沿いの芝生の上に座り込んでワイン、ビールを飲んでいる
その横を通り抜け中心街のようなところへ到着
(かなり酔っている感じなので写真は撮れませんでした)

道沿いにワインを売っているカフェのようなところはあるもののワイナリーなのかはわからない
昼食もまだなので最初に見つけたレストランで食事することに
当然、ワインを注文したいけど銘柄を知るわけもなく『ローカルワインを白で・・・』と注文
やや甘めで注文したワイン、適当な甘さで美味しかった(^_^)v
食事が来た時にはグラスは空っぽ 今度は辛めで追加注文
これも程好い辛さで良い感じ

帰りの電車の時間を考えると3時間ぐらいの滞在のみ、でもワイナリーはどこにあるのか・・・と、キョロキョロしているとツーリストインフォメーションを発見
街のマップで「この付近にあるよ。」と説明を受けワイナリにー向かうがワイナリーらしき建物はない

でも、道沿いでワインを達のみ、座り込みでワインを飲んでいる人は多い
その人だかり付近に入り口らしきものが・・・
P7151208.jpg P7151216.jpg

入ってみると中は、レンガで造られたトンネルで古いワインセラーらしいく涼しい
P7151231.jpg
その奥で、ワインを売っている そこで、まずは1杯
P7151205.jpg
「ここのワインは日本で買えるのですか?」と質問すると、『私たちは家族でやっている小さなワイナリー、ここでしか飲めないよ。』という(らしい)回答でした

少し離れた場所のワイナリー
P7151225.jpg

最後によったワイナリーでは甘いワインが美味しくボトルを購入してしまいました
明日はオーストリアへ移動で荷物にはなるのですが、購入をあきらめることができないほど美味しかったです
P7151233.jpg P7151227.jpg

町の中心?にあった水呑場(酔いを醒ますための水呑場?)
そして、こちらではペットボトルに入れて売ってたり、その空きボトルを持っていって追加で購入したりと酒飲みにはうれしい販売方法でした
P7151209.jpg P7151218.jpg

最後に、Tokajの街でどこにでもいる東洋人に会いませんでした。(たまたまかもしれませんが・・・)

( 2011/07/15 20:00 ) Category ハンガリー | TB(0) | CM(0)

Hop On, Hop Offで名所巡り 

市内観光バス、市内観光名所の近くにバス停があり自由に乗り降りができる。
バスルートは2ルート、ドナウ川のボート1コース
案内には、24時間で4500Ft(1900円)、2日目はフリー
昨日の昼間に、すべてのルートに乗車(乗船)して名所を確認してあるので効率良く名所を回った。

まずは、イシュットハーン大聖堂
50種類?の大理石で作られた飾られているそうです。
建設時、ドームが崩れるという事故にあいながら50年かけて作られたそうです。
P7141061.jpg P7141068.jpg P7141069.jpg

次は、ブダの王宮 美術館になっているそうです。中からの眺めもいいそうですが入りませんでした^_^;
王宮から見た飾り橋
P7141097.jpg P7141108.jpg P7141085.jpg

王宮の近くにあるマチャーシ教会:ハンガリー歴代の王が戴冠式を行った教会だそうです。
そして、漁夫の砦 ブダペストを一望
P7141114.jpg P7141123.jpg P7141127.jpg P7141141.jpg

国会議事堂、そして近くにある公園には、ハンガリー動乱時の首相が橋の上に立っている銅像がありました。
P7141161.jpg P7141163.jpg

平和公園:ハンガリー建国1000年を記念して作られた公園だそうです。
夜は、ライトアップされてきれいだそうですが・・・行きませんでした。
P7141165.jpg

バス停で待っていると、こんなポスターが・・・和太鼓のイベントのようです。
和太鼓チームも海外で頑張っているようです。(どんなチームかは知りませんけど^_^;)
P7141181.jpg

( 2011/07/14 20:00 ) Category ハンガリー | TB(0) | CM(3)

夜行列車で移動!! 

昨夜、夜行列車でチェコからハンガリーへ移動

列車の発車まで時間があったので、マリオネットでするオペラ『ドンジュバンニ』を見てきました。
プラハに着たら『これを見ないとプラハを見たことにはならない。』とパンフレットに書いてありました。
P7120922.jpg P7120928.jpg
カメラの設定ミスでボケてます・・・^_^;

マリオネットを見たと街は暗くなってきており・・・・
やはり、綺麗ですねぇ~ ライトアップされた建物は・・・
P7120931.jpg

搭乗列車は、寝台列車なのでユーレイルパスに追加料金が必要:21ユーロ(約2400円)
これで個室寝台ですから得したもんだ・・・という感じで乗車
P7130932.jpg P7130936.jpg

しかし・・・この夜行列車はスロバキアを通過、この国は、ユーレイルパスに加入していないので搭乗後、車掌から
『追加料金が要るから・・・』
「いくらですか?」
『知らないね。スロバキアの車掌が乗ってきて請求するから・・・』
「はい、わかりました・・・・」
(でも、寝台を予約したときには何も言ってなかったのになぁ~ 日本だったら言ってくれると思うけど・・・でも国境を通過する列車はないですからね。わかりませんね。)

朝7時過ぎにノックする音が・・・
『料金の支払いをお願いします。16.18ユーロです。(約1800円)』
「(ま、これぐらいならいいか・・・) はい、これでお願いします。」

約45分遅れでハンガリー・ブダペストに到着 乗継がないので、遅れてもかまいません(^^♪
乗継がある場合は、ドキドキものですが・・・


今回のホテルは、便利のいいブダペスト市内、街中です。
昼にシティーツアーバスに乗り、夜は、橋の上から夜景を撮りました。
P7130951.jpg P7131050.jpg
P7130974.jpg P7131047.jpg




( 2011/07/14 07:23 ) Category ハンガリー | TB(0) | CM(0)

中世の町並み・・・ 

ホテルはプラハの中央駅(Hlavni)から15分程度離れた郊外の住宅街にあります。
静かで良いのですが、帰りに鉄道に乗ると思うとプラハ市内でのビールの量が減ります。
そして、きれいな夜景が見れない・・・(日没は10時半頃)
ホテルの探し方が悪いのか、安いホテルを探すとこうなってしまいます。

今日は、プラハ城から見学です。 ここからはプラハの町を見下ろせます。
プラハ城 町並み1

そして、ここでも衛兵の交代式が12時に行われます。
[広告] VPS



プラハ城の中で最も高い建物「聖ヴィート大聖堂」
教会 教会2
ステンドグラス1ステンドグラス2ステンドグラス3ステンドグラス4

こんなものも売ってました。
バームクーヘン?ではなくパンです。
周りには砂糖がまぶしてあり美味しかったのですが・・・内側が十分に焼けていなくて???いまいちです。
こういうものなのかはわかりません。
パン1 パン2 パン3 パン4

プラハ城を降りてきたところで、同じものを売っている別の店があったので試しに食べました。
中まで十分に火が通っており美味しい!! さっきのは、お客が多くて質より量になっていたのかな?

橋 橋ジャズ 町並み教会

すごい白バイを発見!! 
白バイ


( 2011/07/12 07:55 ) Category チェコ | TB(0) | CM(3)

英語の表記がない・・・ 

ベルリンからチェコ・プラハに移動
ホームへ向かう途中、テイクアウトの店で寿司を発見
列車の旅には『駅弁』がぴったり(^_^)v ということで購入

昼時になったので駅弁でも食べようと・・・駅弁にはビール(^^♪
売店には、ドイツビールとチェコビールがあったので2本購入
駅弁
車窓からの景色を眺めながらのお弁当は美味しいですね。

チェコの車両です。 やはり2階建て・・・
チェコ列車


そういえば・・・ベルリンの歩行者用信号
普通に人が歩いていたり止まっていたりしてるんですが、一部にこんなのがありました。
ユニークですね!!
信号1信号2
( 2011/07/11 04:04 ) Category チェコ | TB(0) | CM(0)

ベルリン 

ベルリンに移動日を含め4日間滞在・・・丸2日間のベルリン観光

ベルリンといえば・・・『壁』でしょうか?
きれいに切り取って当時あった場所(現在大きな交差点の歩道上)ありました。
今は当然、そんな雰囲気は見る影もありませんが、その時代を忘れないように(観光用?)として置いてあります。
2枚目の写真では壁の向こう側に線が見えますが、当時壁があった場所にレンガを埋め込み壁のあった場所を表示していました。この付近では、可能な場所には同様に線がひかれていました。
ベルリンの壁1 ベルリンの壁3 ベルリンの壁2

チェックポイント・チャーリーのあった場所です。
観光用に検問所があります。当然、何もチェックしてませんが・・・
チェックポイント1 チェックポイント2

議会堂 TV塔 ドーム 教会1

ベルリン・・・色々な意味で来て良かったと思います。
当然、ビールに食事・・・美味しいです。
物価もデンマークに比較して安いです。
レストラン等での夕食では、2~3000円もあれば、ビールも含めて十分に満足できました。

明日は、チェコ・プラハに移動です。
また違った町並みが見られるようです。



( 2011/07/10 07:56 ) Category ドイツ | TB(0) | CM(0)

再度ドイツ入り・・・ベルリンです。 

コペンハーゲンからハンブルグを経由してベルリンへ

ホームにはかなりの人がいるけど座れるかなぁ~と思いながらホームで列車を待つ
9時44分発のICEは、20分前ぐらいにホームに入ってきた

1等車の入り口なのに人だかり・・・これでは座れないか・・・と思いつつ乗車
車両内では先に乗車した人達が2等車の方へ・・・座れるぞ!!

しかし、予約席の表示の席ばかり・・・キョロキョロしながら自由席を探していると一人用の座席で残っていました。
直ぐに着席(一安心)

ところが発車10分前頃、周りの人が席を立ち荷物を持って移動し始めた・・・????
そういえば何やらアナウンスがあったなぁ(オランダ語らしいので内容はわかりません)

『何だろう』と周りを見ていると、一人のおばさんが、『ハンブルグ・・・チェンジ・・・』と片言の英語で話しかけてくれた
片言の英語で『この列車だめ、チェンジ・・・ありがとう』と返事はしたもののではどれに乗ればいいのか?

車両から出て車掌らしき人に、『ハンブルグ行きはどれ?』と聞くと『前の列車、あっちあっち!!』みたいなゼスチャー  でも、その車両は、最初から繋がっていたし別の行き先の表示があった列車じゃないの?? と思いつつも移動

車両の前で再度車掌に確認、『これだよ!!』 そのまま乗車
1等車両に移動すると、先ほどの座席と同じ場所が空いている。ラッキーと直ぐに着席
着席後、1~2分でいつの間にやら発車してました^_^;
アナウンスもなしです

あのおばさんが教えてくれなかったら、発車に間に合わなかったかも・・・
『おばさんありがとう!!』

こんな始まりで移動開始、その後は、やや遅れはあったものの無事にベルリンに到着
約10時間の旅でした

明日はベルリン観光・・・・




( 2011/07/08 02:09 ) Category ドイツ | TB(0) | CM(1)

アンデルセンの故郷 

オーデンセという街・・・アンデルセンが生まれた街
コペンハーゲンから鉄道で1時間半、行って来ました。
タンダード(2等)は、かなり混んでいますが、1等車に乗車ゆったりです(^^♪ (ユーレイルパスは1等なので問題なく乗車です。)
今日の列車は、軽食が出ました。
P7060151.jpg
突然に出てきて「いかがですか?」てな感じで・・・パンを1つしか取りませんでしたが、離れたところのおじさんは、2つ取っていました。バター、チーズもついてました。
飲み物は・・・・車両の片隅に、ポットが置いてありコーヒーが自由に飲めます。
サービス満点です。
(帰りは・・・軽食はありませんでしたが、コーヒーは同様においてありました。)

オーデンセの生家ですが、小さな家です。
靴屋の息子として生まれたので、右の写真の奥のほうに靴の木型が置いてありました。
P7060173.jpg P7060164.jpg

クヌード教会 アンデルセンが洗礼を受けた教会がありますが、見学時間が12:00~12:20の間だけできると書いてあり30分ほど時間があったので・・・  近くの公園のカフェで飲みました。
美味しいです。フルーティーな味で昼間にジュース代わりに飲むには最高の味です。これは、カフェの建物の中で作っていました。(右の写真)
デンマークでは、このような小さな醸造所兼カフェ、レストランというのが所々にあるようです。
P7060177.jpg P7060178.jpg

時間になったので教会へ・・・でも何かやっていようで見学できる雰囲気ではありませんでした。
周りの人も「駄目だねぇ」見たいな感じで出て行ってましたので同じように出て行きました。
P7060159.jpg

アンデルセン博物館にも行ってきました。
アンデルセンの生涯、作品などを展示してあります。
P7060189.jpg

博物館の外には野外劇場があります。1日3回、アンデルセン童話にちなんだ劇をやっています。
P7060207.jpg P7060198.jpg
裸の王様やマッチ売りの少女等の話を少しづ紹介するような感じで劇をしているようでした。
(オランダ語でしたので・・・)

当初、オーデンセに2泊して見学しようと考えていましたが、日帰りで十分な街でした。

( 2011/07/07 05:29 ) Category デンマーク | TB(0) | CM(0)

のんびりするには良いですが・・・ 

コペンハーゲンの街並みです。
アメリエンボー宮殿 12時に行くと衛兵の交代式が見えるのですが、ちょっと遅れてしまいました・・・^^;
P7050034.jpg

ローゼンボー離宮
P7050047.jpg P7050050.jpg

ランドタワー(円塔)
天文観測所として建てられた塔だそうですが、ロシアのピョートル大帝が馬で一気に駆け上ったといわれる円塔だそうです。
P7050052.jpg
円塔の中は階段ではなくらせん状の坂になっています。(写真撮るの忘れました・・・m(__)m)

ニューハウン
運河に沿ってカラフルな木造家屋が並ぶエリアでレストランが並びテラスで食事している観光客でいっぱいです。
本当にきれいな通りです。 ワイン、ビールを飲みながら食事をしたり話をしたりして時間を気にせず楽しんでいます。
P7050065.jpg P7050070.jpg
 


話は変わりますが・・・デンマークは物価が高い
今日の昼食ですが・・・屋台のホットドック1個が「25クローネ」1クローネ:18円ですから、450円です。
ソーセージは大きくて美味しいですが、公園の屋台で立ち食いですからねぇ~
P7050058.jpg

そして、マクドナルドのハンバーガーです。2つで「79クローネ」1400円、セットメニューではなく単品です。
セットだとビックマックで、56クローネ:1000円
P7050139.jpg

そして、ビール3本:「36クローネ」650円 215円/1本ですから安いですよねぇ (^_^)v これは良いです
P7050138.jpg

デンマークのビールも飲みやすくおいしいので、この値段だと良いですよね。
ちなみに、公園なので飲むと45クローネ:800円です。
『今日は、ハッピーアワーです。30クローネ』なんて看板がありますが・・・540円です。
高い理由は、税金にあるようです。日本の消費税に当たるもので25%ぐらいだそうです。

ということは・・・レストランなので食事をすると・・・いくらになるのか心配で長旅する私にとっては厳しい金額になりそうなので ^_^;
( 2011/07/06 06:18 ) Category デンマーク | TB(0) | CM(3)

人魚姫(その2) 

動画で投稿してみました。
[広告] VPS
( 2011/07/04 07:44 ) Category デンマーク | TB(0) | CM(1)

人魚姫 

雨も上がったので、人魚姫を見てきました。
『世界三大がっかり・・・』の一つだそうですが、私はがっかりはしませんでした。
反対の岸には、軍港(大きくはありません)があり帰ってくる軍艦を見守ってくれているような気もします。
作られた経緯は、アンデルセン童話の話からだそうですの関係ないと思いますが・・・
人魚姫1  人魚姫2

私は1枚目の写真、左側から見た姿が好きです(^^♪

人魚姫がある場所は、こんな感じです。
人魚姫3

( 2011/07/04 06:36 ) Category デンマーク | TB(0) | CM(0)

ルクセンブルグ 

ベルギー・ブリュッセルに滞在中にルクセンブルグに日帰りで行ったときの写真です。
書き込むのを忘れてました。m(__)m


ルクセンブルグ1 ルクセンブルグ2 ルクセンブルグ3

ルクセンブルグ4 ルクセンブルグ5 ルクセンブルグ6

ルクセンブルグ7 ルクセンブルグ8 ルクセンブルグ9

ルクセンブルグ10 ルクセンブルグ11 ルクセンブルグ12
( 2011/07/04 00:59 ) Category ルクセンブルグ | TB(0) | CM(0)

デンマークへ 

良い出会いがあった『小さな町ブレーメン』、ヨーロッパの滞在も残り1ヶ月と1週間・・・
まだまだ行きたいところがあるのでデンマークへ移動です。

ヨーロッパの列車は、2階建てが多いようです。
しかも、左の写真に書かれているように『自転車』が持ち込み可能です。(折りたたみ式のではない。)
ドイツ列車1 ドイツ列車2

出入り口は電動扉ですが自動というよりは、下の写真にあるようにレバーを動かさないと開かないものがあります。または、ボタンを押して開け閉めするものもあります。
不必要にあくよりは良いかもしれないですね。
ドイツ列車3

今日の列車は、フェーマルンベルト海峡を通るルートです。
鉄橋はないので、フェリーに列車ごと乗り込みます。
列車とバスが並んでます。
フェリー3 フェリー1
良い経験をしました。

でも、デンマークに入ったところで・・・・・
各駅の到着時間が遅れだし、コペンハーゲン駅の3つ手前の駅で新たに準備された車両に乗り換えです。
結果的に約30分の遅れです。
それも、10分前ぐらいに車内放送が入り到着駅で乗り換えです。
当然、私に車内放送の内容を十分に聞き取れませんので、周りの人の動きに合わせて乗り返しました。(笑)

デンマークは、ドイツから北に移動したので涼しいだろうと長袖シャツで移動したのですが・・・
暑い!!
ホテルまで歩いたのですが、汗だくです。
しかも、今は雷雨状態です。 ホテルに着いた後でよかったですぅ(^^)
コインランドリーで洗濯をしたかったのですが・・・雨が上がったら行こうと思います。


( 2011/07/04 00:37 ) Category デンマーク | TB(0) | CM(0)

小さな町ブレーメン 

ブレーメンで、観光地として見る中心街はそんなに広くはないです。(CITY MAPから)
今日は、ブルーメンの地ビール工場を見学しようと朝一番に出かけましたが、ツアーは2時から・・・
ショップも12時からと遅い始まりです・・・あきらめました。
工場はどこでも同じでしょうし、街中のパブはこのビールが置いてあるところが多いので・・・

この街には川が流れており、川沿いにある歩道には屋台が多くでています。
気になった屋台があったので、『どんな食べ物ですか?(英語)』と聞いたら・・・一生懸命説明してくれましたが、良く分からないという表情していたら食べ物を見せてくれました。(英語は、あまり話せないらしい感じでした。)
煮込み料理のようで美味しそうだった注文!!!
グリンピース、形は無かったけどたまねぎ、ジャガイモなどの野菜とバラ肉を煮込んだようなもにソーセージを1本
こんな料理です。  美味しいです。
もともと豆類の煮込み料理は好きなほうなので・・・
昼食1

食べていたら、おじさんが、『お替りしていいよ。』みたいなこと言いながらナプキンを持ってきてくれました。
美味しそうに食べていたからでしょうか?『こんなのもあるよ。』と違うシチューを見せてくれました。
同じものをお替りじゃなくシチューを食べたくなり『シチューください。』と注文すると・・・
お金は要らないよ・・・〔最初に払った3.5ユーロ(400円)だけです。〕
昼食2
ビーフシチューでした。肉は柔らかく最高に美味しかったです。
料理も最高、おじさんも最高、こんなおじさんでした。
屋台おじさん

ブレーメンは小さな町なので、のんびりするにはいい所だと思います。

( 2011/07/03 05:20 ) Category ドイツ | TB(0) | CM(0)

ブレーメン 

今日は、ケルン~ブレーメンに移動、小さな町です。

こんな町並みです。

町並み11 町並み1 町並み2 町並み3 町並み4

町並み6 町並み7 町並み8 町並み9 町並み10

これから、地ビールを探しに出かけてきます。(^^♪


( 2011/07/02 02:12 ) Category ドイツ | TB(0) | CM(3)

ケルン 

ケルンの滞在は、移動日を含めて2泊3日です。
今日だけ1日ゆっくり観光・・・
街の所々に中世時代の門などの建物が残っています。
中世のケルンウルレプフォーテ 中世のケルンセベリン門中世のケルンセベリン門2 中世のケルンバイエン塔 中世のケルン市壁


ここもチョコレートが有名なのでしょうか? 
チョコレート博物館があったのでちょっと覗いてみました。(有料ですが・・・チョコを食べれるでしょうから・・・と思い入場)
チョコレート博物館1
チョコの原料や製造工程などが展示してあります。
出来立てのチョコが食べれました。 ウエハースにちょっとつけてくれたものを・・・これだけでした。ちょっとがっかり・・・

今日は天気も良く大聖堂の外回りの写真を撮りましたが・・・・
大きすぎて入りきれません^_^;
大聖堂3 大聖堂2

遠くの街角からの写真です。
大聖堂の大きさがわかってくれると思います。
迫力満点です。 4世紀頃から建てられ増改築され19世紀に完成したそうです。
大聖堂1 大聖堂6 大聖堂7

そして、大聖堂の高い塔には登ることができます。
エレベータはありませんが・・・・高いです。 登るのにしんどいです^_^;・・・が、眺めは最高です。
ケルンの町がすべて見渡せます。

大聖堂4 大聖堂5



そして夕方・・・ケルッシュ・ビヤハウスに行ってきました(^^♪
このような人達が・・・空になっている人のグラスを自動的に取り替えていきます。
キリュッシュパブ2
そして、コースターに取り替えた分の印が書かれます。(私のは5杯目です^^)
キリュッシュパブ1
飲みたくなくなった時には・・・グラスの上にコースターを置くそうです。
注文しなくてもビールが来る・・・良いシステムです・・・
       ・・・・・・・が、ビールしか飲めません。

大聖堂の塔からみえたライン川にかかっている鉄橋に人が渡れる歩道がありました。
行ってみると・・・なんとフェンスに鍵がたくさんついてます。
よく見ると名前が・・・
ガイドブックが無いのでなんとも言えませんが・・・『二人の愛』を現したものでしょうか?
もし、二人でケルンに来られる人がいたら、試しに名前を彫った鍵を持って来るのも良いかも・・・
ホーヘンゾラ橋1 ホーヘンゾラ橋2 ホーヘンゾラ橋3


( 2011/07/01 04:39 ) Category ドイツ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Higejiisan

Author:Higejiisan
定年退職して地球一周を8ヶ月かけて旅してきました。
そして、今は再就職し楽しく仕事をして余暇も充実した日々を過ごしてます。そんな日々を少しでも記録として書いていきたいと思います。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。