Yamasanの写真日記

地球一周旅行も終え、趣味の写真を載せま~す。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カタジュタ(オルガ) 

今日は『オルガ岩群』に行ってきました。
ウルルから西へ30kmほど行った所にあります。
1PC080619.jpg 2PC080626.jpg

この岩山の間を歩くことができます。(Map参照)
3PC080522.jpg

午前中は、Valley of the windsという場所を歩きました。
名前のとおり岩山の間の道を歩くので風が吹き気持ち良いですが、アップダウンもありウルルの周りを歩くよりやや厳しいです。でも、変化に富んでおりこちらの方が私は好きです。
PC080526.jpg PC080534.jpg PC080537.jpg

PC080551.jpg PC080554.jpg PC080559.jpg

そして、草木も多いためかカンガルーの夫婦?(メスのお腹には赤ちゃんがいたような・・・)に出会いました。
PC080577.jpg

そして午後は、もう一つのマラ・ウォーク(mapの灰色の道)を歩きました。
こちらはアップダウンも少なく1時間程度で歩けるので体力がなくても大丈夫なコースです。
PC080639.jpg PC080645.jpg

帰りは日没にあわせて移動、ウルルに夕日があたるところを見学です。
移動の途中、野生のラクダを見ることができました。
PC080658.jpg

そして『夕日のあたるウルル』 これが今日のメインイベントなんですが・・・
雲が多く、特に日が沈む地平線の近くにあるため十分な日が差しませんでした。 がっかり(T_T)
でも、今日は、野生のカンガルー、ラクダを見ることができたので良い思い出になりました(^_^)v
PC080679.jpg




スポンサーサイト
( 2011/12/08 20:07 ) Category オーストラリア | TB(1) | CM(0)

ウルル 2日目 

今日は、4時過ぎに起きてサンライズ・エアーズロックを見に行きました。
PC070362.jpg
赤い岩が朝日で照らされ更に赤く見えきれいでした。

いよいよウルルの麓、登山口へ・・・・
駐車場に到着、降車したところでバスの運転手が「今日は、風が強くなる予報なので登山はできないそうです。」
残念(T_T)
PC070388.jpg PC070389.jpg

ところで、登山の入り口付近にこんな案内板がありました。
PC0703911.jpg

原住民は、このウルルに登るのは限られた人だけだそうです。
現在は、オーストラリアに貸し出しておりパーク入園料等をもらっているそうで、仕方なく登ることを許していますが、やはり登ってほしくはないという意思表示だけはしているようです。
この案内板を読んだら、「登って良いのか?」という気持ちが・・・どうしよう!!!
とにかく、今日は登れないのでウルルを一周するトレッキングです。

ウルルの岩肌を近くで見るとこんな感じです。
ちなみにウルルという山は、一枚岩でできている山です。
PC070393.jpg

聖地であるだけに、こんな壁画がありました。
このような洞窟も儀式等で使われているようでした。
PC070398.jpg PC070401.jpg

遠くからだけでなく近くで見る「青い空とウルル」・・・すばらしい景色だと思います。
PC070429.jpg PC070432.jpg PC070438.jpg

こんな池もありました。この一枚岩の山のどこから水が流れてきているのか不思議でしょうがありません。
ここで静かにしていると、ちょろちょろと流れる「水の音」と「風」、そして「鳥たちの鳴き声」だけが聞こえてきます。
PC070470.jpg PC070469.jpg


歩いている途中で妙なものを持っている人がいたので「それは何?」と聞いたら「ブラジルの楽器だよ。」と教えてくれました。
ブラジル人かと思ったので聞いたところベルギー人でミュージシャンだそうです。
8月で仕事に区切りをつけ旅行をしているところだそうです。
何やら良いメロディーができたみたいで、「楽器を弾くからビデオを撮ってくれる?」と頼まれたので撮ってあげました。
なかなか面白い音色の楽器です。メロディーもこの地の雰囲気にあった良いメロディーでした。
PC070442.jpg


そして途中でこんな看板がいくつかありました。
やはり『聖地』なんですね。
PC070405.jpg


約3時間半かけて一周、景色など色々見てきて・・・ウルルに登るのはやめることにしました。
原住民の人々も限られた人しか登らないような聖地、大切にしたいと思います。

( 2011/12/07 16:28 ) Category オーストラリア | TB(1) | CM(0)

エアーズロックへ 

メルボルンからエアーズロックへ

メルボルン空港からアリス・スプリング空港を経由してエアーズロック空港へ移動
PC060319.jpg

スナックが出ましたが、一緒にこんなごみ袋が配られました。
PC060320.jpg

「リサイクルについて取り組んでますよ!」というアピールでしょうか?
わずかなゴミを入れるために、この袋を作っているのでコスト面ではマイナスだと思いますが、環境を意識しているオーストラリアならではのことだと思います。
ただし、全便でやっているわけではないようですが・・・
コップ(紙コップですが)にも、「これはリサイクルできます。35%はリサイクル紙でできています。」と書かれていました。

オーストラリア中央部の上空からの景色です。
PC060325.jpg

アリス・スプリング空港ターミナル
PC060329.jpg

アリス・スプリングからエアーズロックまでは、カンタス・リンクで機体はB717
最初、見たときはMDかなと思いましたが・・・
エプロンには、米空軍機の輸送機が駐機していました。
PC060331.jpg PC060333.jpg

この区間は、午後2時離陸で50分間のフライトですが、スナックが出ました。
CAも時間がないので慌しく配り、そしてゴミの回収をしてました。まだ食べ終わっていない方もいましたが・・・
PC060336.jpg

着陸前にエアーズロック(ウルル)が見えました(^_^)v
周りには何もなく、平たい土地にポツンと・・・
PC060341.jpg

エアーズ・ロック・リゾートというホテルが集まっているところがあり、ここまでは無料のシャトルバスが走ってます。
飛行機の到着にあわせて運行されているそうです。
これに乗るとホテルの前まで送ってもらえます。

アウトバック・パイオニアーというホテルに泊まってますが、展望台がありエアーズ・ロックが見れます。
PC060346.jpg

ちなみに『暑い』です。メルボルンとは15度以上温度差があるような気がします。
明日は、日の出の時間にエアーズ・ロックを見に行く予定です。
その後、エアーズ・ロックに登りたいと思ってます。
ただし、気温が36度を超えるような予報が出ていると登山禁止だそうです。
明日の気温は・・・??????????????
( 2011/12/06 18:11 ) Category オーストラリア | TB(0) | CM(1)

メルボルン その2 

次の訪問地は『ウルル』
航空便との関係で、再度メルボルンで滞在
メルボルンは、シドニーに次ぐ大きな都市です。
でも、古い建物が多いような気がします。クリスマスの時期ですね。こんな飾りがされていました。
PC040266.jpg PC040273.jpg PC050275.jpg
橋下を見ると、こんなところにもカフェバーがありました。
真夏だと気持ち良さそうですが・・・メルボルンは、今の時期でも結構寒いです。
風は冷たく日陰などでは長袖でないと寒いです。でも、日向に出ると暖かい。
で・・・このカフェバーの場所だと寒かったので入るのはパスしました。ワインを飲みたかったのですが・・・
トナカイの後ろにある工事中のものは、ロンドンアイのような観覧車になる予定だそうです。
木の上に乗っているのは牛で、待合場所になるようにオブジェを作ったようです。確かに目だってました。
PC040264.jpg PC050277.jpg

これは、メルボルン市街を一周している路面電車、シティサークルです。
無料で乗れるので、グルッと一周して行きたい所に目星を付けて降りる。なかなか良かったです。
ニュー時ランド・オークランドでも無料の路面電車がありました。買い物客、観光客にはもってこいです(^_^)v
PC050276.jpg

メルボルンにも水族館があり時間つぶしに行ってきました。
入場料は、ちょっと高い!!  内容は・・・メルボルンに来て自分で確認してください。
自分としては、そこそこ楽しめました。
PC050297.jpg PC050301.jpg PC050317.jpg

明日は、いよいよ『エアーズロック(ウルル)』です。
( 2011/12/05 15:33 ) Category オーストラリア | TB(0) | CM(0)

フィリップ島 

メルボルンからバスで2時間半、フィリップ島へ行きました。

この島では「ペンギンパレード」、日没直後にリトル・ペンギンという体長30cmぐらいの小さいペンギンが海から上陸し巣に帰るところ見れることで有名です。

当然、これらのエリアは保護されています。
写真の右端にある電灯の柱あたりに見学場所があります。
2ペンギン
日没後、薄暗くなった頃に海岸の波打ち際に数羽のペンギンが現れたと思ったら20羽程度のグループとなり波打ち際で周りを警戒しながら立ってます。鳥が上空を飛んだと思ったら海に引き返していきました。かなり警戒心が強いそうです。(オーディオガイド)  センターの建物を見学エリアの方へ出ると、この先は一切写真撮影は禁止です。フラッシュ禁止ではなく撮影禁止、たぶん、最近のカメラは、ピント合わせに赤外線?を出しているのがあるからだと思います。 
ということで次の写真は、センター内のディスプレイです。
1ペンギン

数分すると再び上陸してきました。今度は、よたよたと海岸を歩いてきました。
20m程歩くと一旦休み?警戒?再び歩き始めます。
最初のグループが海岸を離れると、次のグループが上陸、それを繰り返します。

そして、巣に近いところの見学場所では、本当に目の前を歩くペンギンを見ることができました。
小さく可愛いペンギンがよたよたと巣に向かう姿は感動ものです。
親ペンギンが帰ってくるのを待っていたかのように海に出れない赤ちゃんペンギンも見ることができました。
オーストラリアに行ったら、ここはお勧めです。でも、寒いので服装には要注意です。

2日目は、自転車を借りてサイクリング
島の東部分にある「Cape Woolamai」というところに行きました。
ここではイルカが泳いでいるところや多くの海鳥が見れるそうです。
心がけが悪いのか・・・見れませんでしたが・・・景色は最高です。
3Woolamai 4Woolamai

この場所の遊歩道に途中、林のような場所があるのですが、そこで、こんなものに会いました。
ワラビーだと思います。野生のワラビーにアウトは思っていなかったので感激です。
5Woolamai

このあと、コアラの保護地区を見学する場所があったので行ってきました。
動物園のとは違いうので、人が限られた通路を通って見学するようになってます。
6コアラ

そして・・・いつも寝ている、じっとしているコアラです。
7コアラ 8コアラ

フィリップ島・・・メルボルンからでもツアーが出ていますが、この視まで宿泊しノンビリと見学するのがいいと思います。

今日の食事・・・
この島でベスト・ハンバーガーとか書いてあったので・・・
ビーフが美味しい、そして大好きなアボガドとのマッチングが良い!!
9ハンバーガー


( 2011/12/03 18:03 ) Category オーストラリア | TB(0) | CM(1)
プロフィール

Higejiisan

Author:Higejiisan
定年退職して地球一周を8ヶ月かけて旅してきました。
そして、今は再就職し楽しく仕事をして余暇も充実した日々を過ごしてます。そんな日々を少しでも記録として書いていきたいと思います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。